個別のシステム対応が可能か? – 基金制度にあったⅠ型業務システムでコスト削減①